防犯対策で家を守ろう|泥棒に嫌われる家作り

侵入をブロック

家

被害に合う前に防犯対策をしましょう。防犯対策を先延ばしにしていると空き巣の被害に遭ってしまいます。空き巣は家の隙間を狙って侵入してきます。例えば、玄関から侵入することもありますし、窓から侵入してくることもあります。油断をしていると、それだけ泥棒に狙われやすくなるので、防犯対策はしっかり行ないましょう。
防犯対策のスタイルは人によって異ってきますが、まずは鍵が大切です。泥棒はドアから侵入する際に、ピッキングという手法で鍵を開けることがあります。ピッキングされにくい鍵へ取替えるようにしましょう。また、玄関のドアノブが壊れている場合は、新しい鍵に取り替えたとしても、効果がないので、ドアノブにトラブルがあれば修理をしましょう。

防犯性を高めるには窓の強化も大事です。薄い窓ガラスならすぐに割れてしまうので、空き巣による被害にも遭いやすくなります。窓ガラスを強化するには、防犯ガラスが採用された窓ガラスへ取り替えると良いでしょう。防犯ガラスは窓が厚い為、そう簡単に割れることはありませんので、空き巣対策にはもってこいのアイテムです。
また、窓ガラスの外側から面格子を取り付けることも防犯対策になります。面格子にはアルミや鉄でできたものなどがありますが、泥棒が窓から家へ侵入する為には、面格子を外す必要があるので、泥棒が入りにくい家になります。
日頃から防犯対策は怠らずに、家に異常があれば修理をして防犯対策をしましょう。

事前に目で確認できる

防犯カメラ

防犯対策をするには防犯カメラも効果的です。防犯カメラなら家の周りをうろついている不審者に気付くことができますし、万が一トラブルに遭った場合でも証拠映像を残すことができます。

読んでみよう

頑丈な鍵にする

一軒家

防犯性の高い家にするには鍵が重要です。ピッキングされやすい鍵は空き巣の被害に遭う確率が高くなります。ピッキングされにくい鍵へ取り替えることが大切になってきます。

読んでみよう

ドアノブの修理をする

ドア

ドアの不調は防犯性にかけています。ドアノブが原因でドアの機能が働いていない場合があります。ドアノブを修理して家の防犯性を高くしましょう。ドアノブの修理は専門業者へ依頼しましょう。

読んでみよう