防犯対策で家を守ろう|泥棒に嫌われる家作り

頑丈な鍵にする

一軒家

空き巣は常に家の中で侵入できそうな場所を調べていますが、堂々と玄関から侵入する泥棒もいます。どうして玄関から侵入できるのかというと、ピッキングで玄関の鍵を開けることができるからです。空き巣の手口は、ピッキングによるケースが多いので、防犯対策をするには、ピッキングがしにくい鍵にする必要があります。逆を言えば、ピッキングしやすい鍵のままだと、空き巣の被害に遭うリスクも高くなるのです。

泥棒は侵入に関しての知識を持っています。その為、鍵穴を見ただけでピッキングできそうか判断することができます。鍵穴の形や種類によって鍵を開けるまでの時間は変わってきますが、空き巣のプロならピッキングできない鍵はないと言われているので、開くまでに時間のかかる鍵を取り付けるようにしましょう。

鍵が開くまでに時間がかかってしまうことで泥棒も諦めますし、空き巣から家を守ることができます。鍵を替えることで防犯対策になります。
通常玄関の鍵はひとつだけですが、防犯性を高める為には、2ロック形式にすると良いでしょう。2ロックにするだけで、より防犯性が高い家を作ることができます。

鍵にもいろいろな形がありますが、家の鍵を変更する際には、ピッキングに強い鍵を選ぶと良いでしょう。最近はピッキングがそう簡単にはできない鍵が、豊富に販売されています。その為、業者へ依頼する際は、ピッキング対策ができる鍵があるかどうかも確認するようにしましょう。